政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


情報は誰のものか

情報は誰のものか

「情報は誰のものか」農業、医療、エネルギー、オープンガバメント、ダイバーシティとIT

成長戦略を支えるITミッションとは?
(独立行政法人情報処理推進機構「情報は誰のものか」編集委員会編、海文堂出版刊、1400円)

インターネットを通じて、ITを駆使することにより「紙とエンピツ」の時代では考えられないような、情報の爆発的な流通が実現してきている。IPA(情報処理推進機構)では、こうしたITを通じて、わが国が直面するさまざまな社会課題に対し、何らかの解決策が提示できるのではいう問題意識から「社会課題ソリューション研究会」を立ち上げ、今回、その中での検討内容、議論の背景、考え方などを1冊の本にとりまとめた
農業、医療からダイバーシティとITなど、現状のITがどこまで進んできているかなどを平易にまとめた副読本といえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">