政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


木村社長

木村社長

IT超上流工程のQCDを向上させる方法論の先駆者、ドリームIT研究所(木村礼壮代表、東京都江戸川区)がこのほど通信講座を開始。
ITプロジェクトの七割以上が失敗している現状を変えたい。との思いで創業以来、失敗の根幹となる計画策定を成功に導く方法論を研究・開発してきた同社。
その実践生まれの方法論はISACA(国際システム監査協会)、電子情報通信学会等の依頼による論文掲載、日科技連主催国際シンポジウムでの事例発表等権威機関の評価も高い。
昨年まで、都内で集合研修を実施してきたが、地方からの熱い要請に応え、通信講座を開始。
受講者が実践で確実に成功できるよう、参加者同士の実習を中心とした教育方法を通信講座に落し込むには苦労をしたという。
今回、業務改革自体を革新する方法論とクラウドで経営改善を行うクラウドコーディネータ研修の2種類を通信講座化した。
今後体験型の、イノベーション研修【ビッグデータを解析し、世の中のニーズ調査から始まり3Dプリンタで試作品作成、クラウドファンディングまでを実体験する】ファシリテータ研修【組織メンバが目的達成に向けて自発的に共働し合う場を創出する】も順次、通信講座化する。

 

ITプロジェクトの7割は失敗しています。

ITプロジェクトの7割は失敗しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">