政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


昨年4月発足した組込みIoTイノベーション議員連盟(会長・河村建夫衆院議員)が東京・ビッグサイトで開催された第13回IoT/M2M展を視察し、「これからの産業競争力の源泉であるIoT(インターネット・オブ・シングス)の振興は不可欠」(河村会長)との認識を改めて確認した。
案内役は、昨年12月に立ち上げられた一般社団法人組込みイノベーション協議会(代表理事・理事長・鶴保征城IPA/SEC元所長)。議連事務局長の宮内ひでき衆院議員をはじめ、鶴保庸介参院議員、菅家一郎衆院議員らも加わり、河村会長を先頭にデンソーやイーソル、ガイヤ・システム・ソリューションなどのブースを熱心に質問しながら見学して回った。
主催者であるリードエグジビジョン・ジャパンの石積忠夫社長も喜び、歓迎の挨拶を行い、今後のIoT産業の発展に期待を寄せた。

写真右より、菅家議員、河村会長、平出ESIC、宮内議員、高田名大教授、野口情振課長

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">