政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


家庭用ロボットのプラットフォームを提供

松井龍哉社長

松井龍哉社長

6月23日、フラワー・ロボティクス㈱(松井龍哉社長)が東京・六本木ミッドタウンで同社が考えるロボット産業の未来図を発表する「フラワー・フェア2015」を開催し、開発中の家庭用ロボットPatin(パタン)のプロトタイプを実演披露した。
パタンとはスケートという意味のフランス語で、AI(人工知能)を搭載した、自律移動できる家庭用ロボットのプラットフォームであり、松井社長らしくデザインを重視した設計思想が盛り込まれている。
パタンは本体、ピット、クラウドと上部に取り付ける各種サービスユニットで構成されている。実演ではLED照明や植栽などが披露された。本体は自律移動のため、障害物を発見するセンサーやスピーカー、自由に動き回れるオムニホーイール。ピットには充電機能や本体とWi-Fiで接続、クラウド上に行動情報などが蓄積されるようなスマートロボットとなっている。
今回のプラットフォームには、ソフトウェア開発ができるサービスユニットSDK(開発キット)が提供されている。OSはリナックス。Javaでの簡易的なAPI、Eclipseプラグインを用いた開発ツール、オープンソースシミュレータを開発者が使え、アンドロイド開発環境とも親和性が高い。
松井社長は「第3次ロボットブームが来ているが産業レベルではまだまだ。そのためサードパーティが自由にサービスユニットを開発できる環境をオープンに提供し、ロボット製品開発の参入ハードルを下げ、産業化を促進して行きたい」と語った。
現在、家電、医療、介護など多くの企業から共同開発の提案が来ているそうだ。今後は量産化に入り、2016年の後半に製品発表をしたいそうだ。注目の価格は3年間で1万台を想定すると100万円程度になる予定。フラワーロボットが花開くか?楽しみだ。

パタン

パタン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">