政策と産業の最新動向を伝え、解説する“クオリティペイパー”


海外子社数、過去最高

平成27年企業活動基本調査速報

経済産業省では、わが国企業の経営戦略や産業構造の変化の実態を明らかにし、行政施策の基礎資料を得るため、「企業活動基本調査」として取りまとめている。
平成27年調査結果の速報版(対象企業28,615企業)では、、
①1企業当たりの売上高の前年度比は、▲0.4%と減少となったものの、営業利益のは同0.7%と増加
②1企業当たりのパートタイム従業者数は、調査開始以来の最高値を更新
③1企業当たりの給与総額及び1人当たりの給与総額は、主要産業(製造企業、卸売企業、小売企業。以下同じ)で全て増加
④海外子会社保有企業比率の前年度差は、横ばいとなったものの、1企業当たりの海外子会社数は、調査開始(平成15年度)以来の最高値を更新
調査結果の概要は次の通り。

(1) 売上高及び利益の状況
①平成26 年度の1 企業当たりの売上高は240.2 億円、同▲0.4%と減少になりました。
主要産業でみると、卸売企業(380.4 億円、同▲3.2%減)、小売企業(238.6 億円、同▲1.1%減)、 製造企業(222.9 億円、同▲0.1%減)の順になった。
②1 企業当たりの営業利益は8.3 億円、同0.7%と増加になりました。
主要産業でみると、製造企業(10.5 億円、同0.1%増)、小売企業(5.9 億円、同▲10.4%減) 、卸売企業(4.9 億円、同▲10.8%減)の順になった。

(2)従業者の状況
1 企業当たりの常時従業者数は487 人、同0.4%と増加になりました。
正社員・正職員数は312 人(前年度比0.3%増)。パートタイム従業者数は147 人(同2.1%増)で、調査開始以来の最高値を更新した。

(3)給与総額でみる企業及び常時従業者の状況
①1企業当たりの給与総額を主要産業で見ると、製造企業2,175.0百万円(同0.4%増)、卸売企業1,345.5百万円(同2.0%増)、小売企業2,225.6百万円(同3.9%増)と全て増加となった。
②1人当たりの給与総額を主要産業で見ると、製造企業541.4万円(同1.1%増)、卸売企業507.2万円(同0.5%増)、小売企業は246.5万円(同1.3%増)と全て増加となった。

(4)子会社・関連会社の保有状況
①子会社保有企業比率は、国内37.0%(前年度差▲0.4%ポイント低下)、海外19.6%(同0.0%ポイント横ばい)となった。
②1企業当たりの海外子会社数は7.6社と調査開始(平成15年度)以来最高値を更新した。
(5)東日本大震災後の状況
平成26年度の被災3県(岩手県、宮城県、福島県)に本社を有する企業の売上高は11.9兆円(同▲0.3%減)、付加価値額2.3兆円(同0.5%増)、常時従業者数は30.7万人(同0.3%増)となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">